ホワイトペーパー

企業の実態調査にみる仮想化プロジェクト成功の秘訣

ヴイエムウェア株式会社 2013年08月02日

コスト削減、迅速なプロビジョニングによる運用の効率化といった課題を解決するための手法として、サーバ仮想化が主流のテクノロジーとなる中、業種、規模を問わず、多くの企業が仮想サーバ環境の導入を進めている。しかし、そこでは従来の運用管理手法の見直しや新たな機能の活用など多くの課題がある。

 VMwareの委託によりESGが企業のIT担当者を対象に行った調査でも、仮想環境の導入がそれまでの管理プロセスやツールに与える影響はほとんどないと回答した企業は10%に満たず、ほぼすべての企業がサーバ、ストレージ、ネットワークなど従来の環境に少なからず影響を与えると回答している。

 また、将来的にクラウドコンピューティングへ移行するための環境整備については、回答者から「多数の自動化機能およびコア管理機能を搭載した統合的な管理ツールが必要」「プランニングおよび問題解決を行うための、仮想インフラストラクチャのすべてのレイヤーの視認性が不可欠」といった声が聞かれ、仮想環境の価値を最大化するためには、こうした中期的なビジョンが欠かせないことが明らかとなった。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]