ホワイトペーパー

コスト削減にとどまらない仮想化のメリット--仮想化を強く推奨する4つの理由

ヴイエムウェア株式会社 2014年06月05日

VMwareの調査によると、回答者の70%が大規模なハードウェアの更新時に、大量の物理マシンの購入コストを回避するために仮想化を導入したと回答しました。
また、回答者の多くがWindows XPからWindows 7へ移行する場合に導入をしています。さらに主要アプリケーションのライセンス更新時に導入、サーバを統合することで大幅なコスト削減を実現したという回答もあります。

この調査で明らかになった仮想化導入のゴールから、それらの背後にある要望はコスト削減であることがわかりました。

しかしながら、コスト削減や、目の前の「差し迫った状況(深刻な停電の発生によるシステム停止やセキュリティリスクなど)」を解決することに止まらず、仮想化のメリットとして次の4つが挙げられます。

(1) ビジネス継続性の確保
(2) IT 管理の簡素化
(3) より戦略的な目的に向けた IT リソースの再割り当て
(4) ビジネスの即応性の向上

本資料では、これら4つのメリットを実現する方法を、海外企業の事例を交えて紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]