編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホワイトペーパー

【講演資料】まずはバックアップ、AWS運用自動化の初めの一歩

クラスメソッド株式会社 2019-11-29

ZDNet Japan & AWS Partner Network AWSセミナー2019より。

AWSは充実したサービスとAPIを提供しており、それらを組み合わせることで運用自動化の仕組みを柔軟に構築することができます。しかしそれを実現するためには、サービスの知識とプログラミングのスキルがそれぞれ必要となります。

クラスメソッドが提供する「opswitch(オプスウィッチ)」は、バックアップやインスタンス(サーバー)起動・停止などのよくある操作をプログラミングレスで実行することができる、ジョブスケジューラーサービスです。
本セッションではオプスウィッチの特徴と、それで何ができるのかをご説明します。

クラスメソッド株式会社
AWS事業本部プロダクトグループ グループマネージャー
田子 昌行氏

<ダイジェスト>
・AWS運用と課題
・運用負荷を軽減する
・opswitchはこんな方におすすめ

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]