ホワイトペーパー

「ゼロトラストネットワークアクセス」が、VPNの代替になる理由

ゼットスケーラー株式会社 2019-11-06

リモートアクセスVPNは30年近くにわたり、セキュアリモートアクセスの手段として利用されてきた。城と堀のセキュリティモデルで構築されたVPNは、アプリケーションがデータセンタ内に存在する環境では、十分に役割を果たしてきたが、アプリケーションがクラウドやハイブリッド環境に移行するケースが増えてきた現在、安全なリモートアクセスを提供できるかどうかは疑問である。

というのもVPNは、ユーザが正当なユーザであることを確認したり、デバイスの状態を確認したりすることなく、ファイアウォールを通過させるため、セキュリティホールが生まれリスクが増大するからだ。またリモートユーザが VPNでネットワークにトンネリングされると、そのユーザは「信頼済み」と見なされる。本当に信頼できるかどうかは不明であるにも関わらず、 そのユーザに水平方向のネットワークアクセスが許可されてしまう。

本資料は、こうした新たなセキュリティ問題の解決に役立つゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)について、その特徴や検討の際に考慮すべきポイントを紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]