編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ホワイトペーパー

「SASE」とは何か? その3つのメリットと適切なアプローチを解説

ゼットスケーラー株式会社 2020-04-28

テレワークの進展やSaaSの普及によって、いまやクラウド利用を前提として社内ネットワークの安全性を確保することが求められている。しかし、外部からの攻撃に対して、内部ネットワークとの境目にプロキシやファイアウォールなどを設置するという、従来型の境界防御モデルには限界がある。

そこで注目したいのが、ガートナーが提唱する、ネットワークとセキュリティの新しいモデル「SASE(Secure Access Service Edge:サシー)」だ。SASEとは、包括的なWAN機能にCASB、ZTNAなどのネットワークセキュリティ機能を組み合わせ、セキュアアクセスニーズをサポートする手法である。SASEの考え方を取り入れることで、企業が抱える「ITコストと複雑さ」「ユーザーエクスペリエンス」「リスク」の3つの課題が解決する。

本資料では、3つ課題に対しての「正しい選択」と注意すべき「誤った選択」を提示するとともに、ゼットスケーラー社が推奨するSASEへのアプローチを紹介している。多様化するサイバー攻撃に対する「先を見据えた一手」を知りたい方は、ぜひご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]