編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

75%の企業がリモートワーク開始後にデータ侵害が増加したと回答--最新調査からその根本原因を探る

ゼットスケーラー株式会社 2022-06-03

企業が抱えるデータは、これまで以上に脆弱で、かつてないほど保護が困難になっている。その主な原因としては、サイバー攻撃の増加はもちろんのこと、もう1つ、コロナ禍を受けてのリモートワークさらにはハイブリッドワークの普及が挙げられる。ハイブリッドワークが当たり前になり、多くのユーザが便利さを優先するようになっていることで、セキュリティは時として後回しにされ、手遅れになりがちなことを忘れてはならない。
このようにハイブリッドワークが新たな働き方のスタンダードとなった状況にあって、ITリーダーはセキュリティに対する自らの思い込みを再考し、新しい現実に適応する必要があると言えるだろう。そこで本資料では、ゼットスケーラーがCite Researchと共同で実施した「2021年版リスクに直面するデータに関する業界調査」の結果を詳しく解説するとともに、そこから見えてきた、増加し続けるリモートワークのセキュリティの確保にあたって世界中の企業が直面している課題について明らかにしている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]