ホワイトペーパー

ディスク使用率を最大90%まで向上させるストレージ ~HP 3PAR Thinテクノロジー~

日本ヒューレット・パッカード株式会社(SWD) 2012年01月30日

従来のストレージベンダーは、お客様が実際に必要としている容量の2倍以上のストレージを販売しようとしてきました。この余分な容量は、資本支出や、これらの不要なドライブに電力を供給し冷却するための運用コストを増大させるだけでなく、余分なディスク、設備コスト、管理時間、さらには環境コストを増加させます。
独自のThinテクノロジーを搭載したHP 3PARストレージシステムを活用することで、テクノロジーのリフレッシュに伴うコストを最大で60%削減でき、その後の継続的なストレージコストも抑制できます。そのポイントは3つ。

1) スリムに始める (Start Thin)
2) スリム化する (Get Thin)
3) スリムな状態を維持する (Stay Thin)

本資料では、この3つのキーワードを具体的に解説し、スリム化を追求することでコスト削減を推進するHP 3PARユーティリティストレージの包括的なスリム化戦略をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]