編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

ホワイトペーパー

マルチプラットフォーム化が進む今、データ管理の負荷とリスクを自動階層化など最新技術でいかに減らすか?

株式会社イグアス 2020-12-11

DXの推進でデータ活用が今まで以上に重要視されている今、バックアップにオールフラッシュストレージの採用だけでなく、柔軟な運用のためクラウドと言った選択肢をとる企業も増えている。

こうしたマルチプラットフォーム化は良い点も多いが、運用管理の視点では作業が複雑化し、コスト、工数ともに増加してしまったりといった課題も良く耳にする。さらにエンタープライズITにおいて、セキュリティは常につきまとう問題だ。

では今、最適なデータ管理、そしてストレージのチョイスとはどういったものなのだろうか?本資料では、ストレージに関する、バックアップにおけるSSDやクラウド採用といったマルチプラットフォーム化、それに伴う自動階層化や、SDSなど膨大なファイルの効率的な運用、さらにはセキュリティ対策といった最近の3つのトレンドや、実際にバックアップにSSDストレージを採用し、どのような結果になったかといったケースなどについて解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]