編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

ホワイトペーパー

オープン技術とハイブリッドITプラットフォームが企業にとって理想的である理由

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Cloud Paks) 2020-12-11

いまや当たり前のように活用されるパブリッククラウド。DXのトレンドとあわせて、多くの企業がパブリッククラウドへのマイクレーションを進めているだろう。しかしパブリッククラウドは万能の解決策ではなく、オンプレミスが適する用途もあるのが現実だ。

さらに単一のクラウドサービスに全てをあずけるということは、ビジネス継続の観点では危険性もある。そのため、一度はパブリッククラウドにIT基盤を移したものの、オンプレミスに回帰する企業も増えている。そうした中で現実的に企業システムの最適解はと考えると、オンプレミスとマルチクラウドを適切に組み合わせた「ハイブリッドクラウド環境」だといえる。

本資料では、CIOやITマネージャという企業のIT戦略を推し進める立場から見た、ハイブリッドクラウド環境のメリットを解説している、また、そのなかで、特定のベンダーによらない業界標準の技術やオープンソースソフトウェアなどをベースにしたオープンな技術を採用する意義や重要性についても言及している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]