編集部からのお知らせ
新着記事まとめ「6G始動?」
新着PDF:「2021年注目テクノロジー」

ホワイトペーパー

DX推進の原動力、基幹システムも刷新できる「クラウドネイティブ開発」実践の3つのポイント

日本アイ・ビー・エム株式会社(IBM Cloud Paks) 2020-12-18

業務効率の向上だけではなく、IT を使って既存のビジネスを変革し、次の成長につなげる「デジタルトランスフォーメーション」(DX)がさまざまな企業で注目されている。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が残る状況においても、DXへの投資は増え続けているという。

DXを成功させるためには、新しいアプリケーションやサービスの開発が不可欠だ。しかも、スピーディー、かつ変化に対して柔軟なアーキテクチャで開発する必要がある。そこで重要になるのは、それらを実現できる新しい開発手法だ。

以下の資料では、今後のDXへの取り組みで必須となる「クラウドネイティブ開発」の
実践法として、特に既存アプリのクラウド移行に関する3つのポイントを解説。また、クラウドネイティブ開発を実践する上で重要となるコンテナ技術が現状抱える課題を解決する方法も併せて紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]