ホワイトペーパー

【調査データ】仮想環境向けバックアップ製品に関する分析結果

Acronis AG(アクロニス・ジャパン株式会社) 2013年10月29日

本資料は、テクノロジのアナリスト企業で第三者リサーチ機関であるTaneja Group(タニージャ・グループ)が行った、仮想環境向けのバックアップ製品の分析結果をまとめたものです。

 仮想環境のバックアップで考慮すべき点は2つあります。1点目は、従来型のバックアップでは仮想インフラのリソースをあまりに大量に消費してしまう事。2点目は、より効率的なバックアップを実行できる可能性が広がる事です。

 資料では、その2つの理由について詳細に言及するとともに、仮想環境のバックアップ製品の性能についてのテスト結果を報告しています。

 詳細はダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)