ホワイトペーパー

Office 365に欠けているバックアップ機能を低コスト&容易に追加!

Acronis AG(アクロニス・ジャパン株式会社) 2017年03月03日

多くの人々が、Office 365の電子メールデータは、マイクロソフトによってバックアップされていると考えているのではないだろうか?残念ながら、実は“NO”だ。Office 365の電子メールデータは、データセンターでレプリケートされるだけであり、バックアップはされないのである。一見するとバックアップ同様の機能に思える「削除済みアイテム」も、フォルダにデータが配置されるのはわずかな時間だけに過ぎず、データ損失からの保護や特定の時点のデータアーカイブは標準メニューとして提供されることはない。

多くのOffice 365ユーザーにとって、メールはビジネス上の重要な情報であり財産であるはずだが、かといってメールデータ保護のために多大なコストと運用負荷をかけられる企業は限られていることだろう。そうしたジレンマを解消すべく、アクロニスが提供しているのが「Acronis Backup Cloud」だ。マイクロソフトのパートナーである同社が提供するこのデータ保護ソリューションであれば、Office 365のメールデータの安心・安全なバックアップ環境を、最低限のコストで、容易かつ迅速に手に入れることができるのである。管理コンソールは、自社ブランドにカスタマイズすることができるため、Office 365を展開するサービスプロバイダーが、自社の魅力ある新たなサービスとして取り込むことも可能だ。

本資料では、Acronis Backup Cloudの機能と仕組みを解説するとともに、ユーザー企業やサービスプロバイダーが同サービスを扱うメリットについて言及している。ぜひ、ダウンロードして一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)