編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ホワイトペーパー

Microsoft 365にサードパーティ製バックアップツールが必要な理由、リスク回避策を解説

アクロニス・ジャパン株式会社 2022-01-31

毎月1億3000万人を超える企業ユーザーがMicrosoft 365を利用している。そこでマイクロソフトが「完全な保護を提供している」という誤った認識を持っているケースが多いという。データ保護は、基本的にこれまで通りユーザーの責任となると言われている。そのため、Microsoft 365環境でサードパーティのバックアップツールを利用していない場合、Microsoft 365に保存されているメール、共有ファイルなどの重要データは、人的ミスによる予期せぬ事態やサイバー攻撃により、喪失のリスクをはらんでいるのである。
この資料は、アクロニスが提供する「Acronis Cyber Protect Cloud」が、Microsoftデータセンターからアクロニスデータセンターに直接バックアップを保存することで、リスクを回避できることを伝えるユーザーの自動保護、ステータス監視、MFA(多要素認証)など最新機能により、企業のデータ保護を支援できることが分かる。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]