ホワイトペーパー

論理分割かVM方式か?クラウドに向けたサーバ仮想化の適材適所を知る

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2012年05月15日

サーバ仮想化を実現する仮想化機構(ハイパーバイザー)には、主にVMware、Hyper-Vといった仮想マシン型(VM方式)と、日立サーバ仮想化機構Virtage(バタージュ)といった論理分割型(LPAR方式)があります。それぞれの実装方式に基づき、サポートする仮想OSの種類の豊富さや、物理・論理環境移行の容易さなどには違いがあります。

本資料では、各仮想化機構の特徴を活かしたクラウド活用方法や省電力/災害対策支援といった注目のテーマにおいて、日立サーバ・ストレージ・ミドルウェア・仮想化を連携させた活用例をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)