ホワイトペーパー

【J-オイルミルズ事例】将来的な環境変化も見据えたデスクトップ仮想化への挑戦

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2014年09月22日

BCP強化や運用管理コスト削減などを目的にデスクトップ仮想化への動きが本格化しています。

製油業界の代表的メーカーである株式会社J-オイルミルズ(以下、J-オイルミルズ)は、グループ企業 約1,400ユーザーのクライアント環境更改にあたり、日立の「クライアント統合ソリューション」を導入。モビリティの向上や将来のクラウド化も見据えた柔軟なIT環境の構築を実現しました。

本資料では、クライアント環境の更改プロジェクトにより、付加価値の高いビジネス環境の構築に向けたJ-オイルミルズの挑戦を紹介しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]