ホワイトペーパー

標的型攻撃時代におけるハッキングの傾向と対策--ウェブサイトが危ない?

三和コムテック株式会社 2013年05月23日

一昨年より活発化した標的型攻撃/APTは、もはや対岸の火事、他人事ではありません。
IPAの報告では、標的型攻撃は前年比で42%増も増加しており、その中でも従業員250人以下の小規模企業への攻撃の割合が、18%から31%と顕著に伸びています。

このような標的型攻撃の広がりを背景に、脆弱性の届け出も増加しています。特にウェブサイトの脆弱性は、昨年の第二四半期以降3四半期連続で増加しており、ハッキングによる情報の漏えいや改ざん被害につながっています。

本ホワイトペーパーでは、広がりつづける標的型攻撃を踏まえ、今すぐに講じるべきウェブセキュリティ対策をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]