ホワイトペーパー

古いPCを使い続けるより最新PCを導入した方が、得する理由。

日本ヒューレット・パッカード株式会社(ビジネスPC) 2010年07月16日

4年以上使用している古いPCと新規導入の最新PCと比較したとき、古いPCの保守コストは、新規導入のPCの何倍になるかご存知ですか? 答えは、このホワイトペーパーで・・・。

コストの削減を第一に考え、リース延長などの対応によって既存のクライアントPCをより長く使い続ける場合があります。しかし、古いPCを長く使い続けていると、かえってコストを増大させてしまいます。

このように、既存の古いPCをそのまま使い続けるのではなく、インテル(R) Core(TM) (R) vPro(TM) プロセッサー・ファミリー搭載PCのような最新PCへと買い替えることが、運用管理コストとセキュリティ・リスクの軽減につながり、企業にとって適切なIT投資となります。

OSのバージョンアップやデスクトップ仮想化など、次世代コンピューティングも視野に入れて、新しいPCを選択・導入しようとしているIT担当者必見の資料。クライアントPCリプレイスの際の、稟議参考資料にもご活用いただけます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]