ホワイトペーパー

情報爆発時代がもたらす新たなビジネスへのアプローチ

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2011年07月07日

情報爆発時代と言われて久しい昨今、大量データの活用が他社差別化や競争力の源泉になりつつあります。
一方、大量データ処理についての課題としては、「増大化したデータ量に対応するインフラ」「リアルタイムなデータ活用」が考えられます。

こういった背景のなか、本資料では「情報爆発時代がもたらす新たなビジネスへのアプローチ」として、以下の内容を解説します。

1. 情報爆発時代の到来
2. 大量データのビジネス活用
3. ストリームデータ処理事例
4. Hadoop活用事例
5. ストリーム+Hadoopの組み合わせ
6. 日立の取組


※アンケートのメールニュース配信をご希望頂いた方の中から抽選で10名様に、日立オリジナルグッズを差し上げます!

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)