ホワイトペーパー

クラウド時代のWebシステムに求められるサービスレベル管理

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2011年09月05日

仮想化技術/クラウド環境の進展により、自社や他社の利用者へクラウドサービスを提供する形態が近年増加しています。

・仮想化・クラウド化で求められるサービス品質とはどのくらいなのでしょうか?
・仮想化、クラウド化した場合、今までと同様の運用管理で対応できるのでしょうか?
・サービス利用者は、本当に快適にシステムを使えていますか?

実態の見えにくい仮想化・クラウドが混在する環境において、Webシステムのサービス品質を適切に管理するためには、「サービス利用者視点」による「サービスレベルの把握」が重要なポイントになります。

本資料では、サービスレベルの把握とそのための運用管理について、簡潔にまとめています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]