ホワイトペーパー

クラウド環境のサービスレベル管理の必要性、見える化

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2011年09月07日

クラウド環境の運用管理には、「システム構成が複雑で状況把握に時間がかかる」「仮想マシン同士の因果関係の考慮が必要」などの課題が良く挙げられます。

このため運用管理製品には、以下の視点が大切となります。

「利用者視点でのサービス提供の意識」
「サービス利用者視点でのサービスの安定稼働」

本資料ではクラウド環境のサービスレベル管理の必要性と、その見える化について解説します。


※この資料は2011/7/20に開催された、日経BP社主催 「Systems Management Forum」 にて日立製作所が講演した資料です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]