ホワイトペーパー

業務システム単位のITリソースを、プール化して有効活用する

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2012年02月20日

進展するクラウドコンピューティングにより多様化・複雑化する業務システムで、ITリソースを有効活用することが強く求められています。業務システム単位で使っていたITリソースをシステム全体でプール化することで、ヘテロジニアスな環境においてもベンダーを意識することなく管理できます。エージェントレスで管理できるため、導入も容易です。

1.ITリソースの現状把握
 ITリソース全体の構成情報を可視化し、ITリソースの利用状況を把握

2.ITリソースの割り当て
 利用者の要求に応じて、空いているITリソースの検索、割り当て予約・配備を実行

3.ITリソースの使用量の確認と最適化
 ITリソースの稼働状況をビジュアルにレポートし、さらなる最適化に向けたプランニングに活用

JP1により、クラウド環境のITリソースを「必要な期間」に「必要な分量」だけ割り当てることができます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]