ホワイトペーパー

【事例】SAN/NASストレージの統合とクラウドサービスを活用したBCP対策

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2013年03月15日

多くの企業では、ますます大容量化・多様化する企業内データの効率的な運用と災害対策が、IT戦略における重要な課題となっています。
名古屋市に本拠を構える総合建設企業 東建コーポレーション株式会社では、ファイルストレージの更改にあたり日立の仮想ファイルプラットフォーム「Hitachi Virtual File Platform」を導入しました。

本資料では、同モデルの「Cloud-on-Ramp」機能によって社内データを遠隔地の日立データセンターへ自動的にアーカイブ/バックアップする体制を整備することで、シンプルな運用とBCP対策を両立させ、将来のストレージ統合実現のための基盤づくりにも成功した事例を紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]