ホワイトペーパー

できる企業は投資している--変化したストレージへの要求、ミッドレンジ躍進の理由

日立製作所(ITプラットフォーム事業本部) 2015年10月20日

2015年のIDC Japanのリリースによれば、システム価格500万円から3000万円未満のミッドレンジストレージは、市場において最も成長しているセグメントであるという。

その要因は、まずは国内企業の仮想化導入の促進だ。それによりストレージを見直した企業が非常に多くなったというのが、市場に対する最大のインパクトになった形のようだ。

それだけ多くの企業がストレージへの投資を見直しているというのは大きな事実だ。従来は単なるデータの置き場とされ、単純にコストのみで判断され、積極的な投資は行われなかったストレージに対する理解は、このように数年で大きく変容したのだ。

本資料は、こうした市場トレンドの変化について詳しく言及し、企業が競争力を維持するため、どのようなストレージ戦略をとるのが奏功しやすいかヒントを提示している。

ぜひ、ダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]