ホワイトペーパー

最大6.6GB/秒のスループットと45万IOPS!「Adaptec 7シリーズ」RAIDアダプタ

ピーエムシー・シエラ・ジャパン株式会社 2012年11月02日

ビジネスおよび消費者による、データとコンテンツへ高速で確実にアクセスするという需要は成長し続けています。データセンタでは、予算が厳しくハードウェア関連の資本費用(CapEx)および営業経費(OpEx)、ユーザあたりのサービスコスト(COS)を削減しなくてはならない中で、そういった要求に応えねばならないという課題
に直面しています。

この挑戦をより難しくしているのは使用可能な物理的スペースの減少です。多くのデータセンタは、さらに多くの不動産費用や、より大きなスペースに動力を供給し、冷却するための関連コストを負担したくありません。

より多くのトラフィックに対応するために単に多くのサーバを加えていくという日々は明らかに終わりました。その結果サーバベンダは、より小さく、より高密度なサーバシャーシサイズを提供し、同じもしくはより小さなスペースでより多くのストレージI/O能力を追加することで、データセンタを支援しています。

そのためストレージベンダは、データセンタが要求するハイパフォーマンスを提供しながらより小さなシャーシに入るスモールフォームファクタのソリューションに注目しています。

本資料では、最大で6.6GB/秒のスループットを発揮し、業界で唯一、PCIe Gen3の帯域幅を最大限に利用するソリューションである「Adaptec 7シリーズ」が持つパフォーマンスの優位性について、競合製品との比較データを用いて説明しています。

<資料内容>
■ はじめに
■ PCIeの新世代
■ 多数のネイティブポートの重要性
■ Adaptec 7シリーズ
■ パフォーマンス比較
■ 結論


7シリーズ紹介ページは以下よりご覧ください。
http://www.adaptec.com/sem/series7_ja/

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]