ホワイトペーパー

データライト時のサーバのI/Oパフォーマンスの増加させながらサーバ運用・管理コスト削減する方法とは?

ピーエムシー・シエラ・ジャパン株式会社 2013年05月07日

IDCの試算によれば、向こう4年間におけるIT設備の管理コストは、導入コストの4倍になると言われています。
アダプテックの7Q、7シリーズ、6Q、6シリーズRAIDアダプタで使用可能なゼロメインテナンスキャッシュプロテクション(ZMCP)は、ライト時のI/Oパフォーマンス向上とキャッシュ内データ保護を同時に実現しながら、メインテナンスが面倒で高価なリチウムイオンバッテリを使用しません。これにより、データセンタにおけるサーバのパフォーマンスを改善しながら、サーバの管理・運用コストを削減します。

本資料では、ZMCPがもつ利点とそれによってもたらされるTCOの削減金額の算出例を説明しています。

<資料内容>
■ どうしてキャッシュ保護が必要なのか?
■ ZMCP 3.0 (第3世代)の先進機能
■ BBUに対するZMCPのメリット
■ BBU に気を配るユーザのコスト削減
■ 必要なときにのみBBUを交換するユーザのコスト削減
■ 総所有コスト(TCO)の算出

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]