ホワイトペーパー

これ以上ITインフラが複雑化したら、監視が追いつかない!危機感を一元管理で払拭した成功事例

ゾーホージャパン株式会社 2018年09月21日

仮想化やクラウドが一般するなか、ネットワークやサーバといったインフラ監視が運用者の大きな悩みの種になってきた。

環境ごとに複数の監視ツールを組み合わせる必要があり、見落とすリスクが増えた。画面で状態が把握しづらく、初動までに時間がかかるケースも多い。対応する際の手間や、定期報告のレポート作成の負担、コマンドでの設定ができる人材が限られることなども課題だ。今は、インフラが複雑化したことで、解決の糸口すら見いだせないケースさえある。

こうした状況に対し、課題解決のアプローチとソリューションを解説したのが本資料だ。単なる機能説明にとどまらず、監視のあるべき姿やメリットをBefore-Afterで紹介。また、実際に成果を出した某有名企業や某市役所、某大学の3事例や導入ステップも実名で収録する。

ネットワーク統合監視は、あらゆる企業が抱える悩みだ。ぜひ目を通して、自社の取り組みに生かしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]