ホワイトペーパー

ITの将来を見据えたテクノロジーとオープン性--Linux on Powerの可能性

日本アイ・ビー・エム株式会社(Systems) 2016年01月23日

本資料では、企業インフラにおけるLinuxプラットフォームの決定版とも言える、「Linux on Power」の特徴と価値をお伝えします。

・ x86ではなく、Powerだから可能となった圧倒的な性能と信頼性
・ 重要なシステムに必用なIT要件を実現するPowerVM仮想化の実力
・ ubuntu、SUSEおよびRed HatのEnterprise Linuxをサポート、さらに重要なシステムへの対応
・ Power VMのセキュリティ上の優位性

「Linux on Power」の凄さは上記のようなテクノロジーだけではありません。
開発コミュニティ「OpenPOWER Foundation」との連携によるオープン性も強みのひとつです。
エンタープライズITの将来を見据えたテクノロジーとオープン性の化身。
Linux on Power の可能性をぜひ感じてください。

記事全文はダウンロードの上、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]