ホワイトペーパー

クラウド型PBXとナビダイヤルを活用した業務革新!交換機を設置せず、問い合せ電話を内線転送-日本郵便

NTTコミュニケーションズ株式会社 2015年03月19日

電話には「数字に表れない業務負担」が多く潜んでいる。その代表例と言える問い合せ業務。 管轄部署や担当者が複数に別れていることで、問い合せの内容を確認するのに時間を費やしたり、質問に対する回答をなかなか得られなかったりと業務負荷を生むことも少なくない。

 日本郵便は問い合せ業務の改革に着手したが、「短期間の導入」「コストを抑えた導入」の課題にも直面。そこで日本郵便は、クラウド型PBXおよび「ナビダイヤル」を導入。資金管理業務に関する問い合せ窓口を一本化し、一部、別拠点で対応が必要な内容については、クラウド型PBX経由で内線転送できる仕組みとした。この方法により、コストを抑え短期間で、各郵便局の社員に負担をかけることなく、新しいセンターでの効率的な運用を実現しているという。

 クラウド型PBXとナビダイヤルを組み合わせた業務改善の具体的な方法は無料でダウンロードできるスペシャルPDFにて公開中。ぜひこちらをダウンロードして、あなたの会社でも役立ててほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]