ホワイトペーパー

既存PBX/クラウド型PBXの同時活用と、個人スマホの内線電話化が、業務効率化をスピーディに実現!

NTTコミュニケーションズ株式会社 2015年07月14日

内線電話の構内交換機であるPBXをクラウド化すれば、設備投資の削減、保守管理コストと工数の削減、スマートフォンのBYOD(Bring your own device:従業員の個人所有デバイスを業務で利用すること)によるスピーディで柔軟なワークスタイルの実現といった効果が期待できる。

実際に、PBXのクラウド化とワークスタイルの変革を実現した、京都のシステム開発企業であるエイジシステム株式会社の事例を紹介する。

続きは、ログインしてご覧ください。

・既存設備を活しながら複数拠点に柔軟導入。中小企業にも最適
・クラウド型PBXで実現する、隠れていた通信コストの最適化
・中小企業でBYOD!個人スマホの内線化によるメリットとは

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]