編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

ホワイトペーパー

リモート管理プラットフォームを正しく評価する--知っておきたい企業情報セキュリティの要素

シュナイダーエレクトリック株式会社 2019-11-19

進むビジネスのデジタル化やIoTの実用化などテクノロジの発達により、企業のITシステムは複雑化の一途をたどっているのみならず、

高度化・深刻化するサイバー攻撃にも対応せねばならない。

その中でも、ITインフラシステムをリアルタイムで監視するデジタルリモート監視サービスなどは多くの企業にとって非常に重要な投資の一つだ。

しかし、近年では運用管理者のリソースやコストの問題から、リモート管理にクラウドベースのソフトウェアを導入する例も多くなっている一方で、

外部に接続されたインフラシステムが、攻撃者に悪用される懸念も指摘されている。

そのため、デジタルリモート監視サービスの選定においてアクセスコントロールを厳格に行えることなど、セキュリティのリスクをいかに低減できるかは重要な評価基準だ。

本資料は、クラウドベースのデジタルリモート監視プラットフォームについて、その開発・運用に求められる主なサイバーセキュリティの対処に関して考察するとともに、リモート監視ソリューションを評価するにあたり重要な要素は何かを説明している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]