ホワイトペーパー

VMwareと290台のクライアント仮想化で実現したエンドユーザー・コンピューティング

日本アイ・ビー・エム株式会社(Systems&Technology Group)
ヴイエムウェア株式会社    2012年11月07日

本ホワイトペーパーは、クライアント仮想化導入により実現された管理工数の削減、事業継続性の担保のほか、そこからの副次的な効果や業務の変化を紹介しています。

食品業界を代表する企業「日本食研ホールディングス株式会社」。同社では業務用PCの増加による管理工数・管理コストの増大と、業務のIT依存に伴う事業継続性への危惧が問題になっていました。

“VMware vSphere”と“IBM Blade Center H”を活用したサーバ統合環境から、全国80の営業拠点を含む、290台のPCシンクライアント化をすすめ、全部門に使いやすい「エンドユーザー・コンピューティング」を実現した事例になります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)