ホワイトペーパー

最先端テクノロジが実現する高信頼性と高可用性!基幹システムに広がるフラッシュ・ストレージの適用範囲

日本アイ・ビー・エム株式会社(Systems&Technology Group) 2014年04月16日

ビジネス利用するデータは加速度的に増大しています。
さらに、増え続ける膨大なデータに対応するだけでなく、より高度なデータ接続が、今求められています。
企業はこうしたデータ爆発に対応するだけでなく、データの持つビジネス価値を最大限に活用し競合有利を獲得しなくてはなりません。
そのために必要な事、それはデータを中心としたITインフラの再構築です。

本資料ではデータプールとして最も重要なストレージ、なかでも近年、飛躍的な進化を遂げるフラッシュ・ストレージシステムについてご説明をいたします。

基幹システムで安心してつかえる信頼性と可用性をもつIBMのフラッシュストレージの詳細を是非ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]