ホワイトペーパー

ビッグデータの大波をサーフィンする--知っておくべきクラウドストレージの基礎

クラウディアン株式会社 2012年08月20日

クラウドにおいて多様かつ非構造で膨大なデータを迅速に処理しストレージするためには、クラウドストレージに最適なストレージ技術を採用する必要があります。このクラウドストレージの特徴には以下が挙げられます。

1.階層構造ではなくフラットなオブジェクト構造
2.拡張性、信頼性、柔軟性、経済性を備える分散処理
3.複数グループやユーザー(マルチテナント)で利用できるストレージの仮想化

 さらに、クラウドストレージの事実上の標準となっている「Amazon S3」APIに準拠していることで、すでに数百種類は存在しているサービスやアプリケーションからなる豊かなS3エコシステムを活用することができます。

 この資料では、パブリッククラウド、プライベートクラウドをこれから導入、あるいはクラウド環境を活用できる企業内ストレージについて企画調査、検討する方を対象に、クラウドストレージの基礎について、「NOSQLの基礎知識(ビッグデータを活かすデータベース技術)」の著者たちを擁するクラウディアンのチームがわかりやすく解説しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]