ホワイトペーパー

更新か、移転か、それとも新設か?いま考えるデータセンターの最適化、検討のポイント

日本アイ・ビー・エム株式会社(GTS) 2015年01月28日

アナリティクスやモバイルのビジネスへの活用が本格化するなか、従来では考えられなかったビジネス・モデルをクラウドで実現する例も数多く出現しています。飛躍的な成長と速やかな変革を求める経営に欠かすことができないこれらのテクノロジーは、データセンターにどのような影響を与えるのでしょうか。
従来的なコンピューティングを想定したデータセンターは、いま飛躍的に増大するデータ量、加速するビジネス・スピードにどのように対応すべきか最適化の岐路にたっています。
更新か?移転か?それとも新設か?長期的な視野で構築されるデータセンターが、ビジネスの変革をサポートするために考えなくてはいけない重要なポイントとはなにか?

本資料では、
・データセンターを取り巻く環境
・データセンターの「劣化」を考える3つのポイント
・データセンター最適化にむけて
という3つのテーマでデータセンターの最適化を考えます。
また、IBMが持つ豊富な経験と知見から導きだされる提言と、現状の簡易チェックの方法なども紹介いたします。
詳細は資料をダウンロードのうえ、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]