ホワイトペーパー

"Always-On"を実現するための4つのステップ-いつでもどこでも動き続けるプラットフォームを

日本アイ・ビー・エム株式会社(GTS) 2016年07月20日

今日の情報社会では、クラウド、分析、モバイル、ソーシャルに大きく依存しており、ユーザーは、常にデータやアプリケーションに素早くアクセスできることを望んでいます。そのため、想定外の事象であったとしても、サービスの中断・停止は収入、ユーザーの期待、企業評価に大きな悪影響を与えます。

 エンド・ユーザー・エクスペリエンスを損なわず、サービスを中断・停止させないAlways-Onのプラットフォームは、企業の強力な競争的差別化要因となります。Always-Onにより、以下が可能になります。

• ネットワーキング・コンポーネント、ハードウェア、オペレーティング・システムなどに影響を与えるコンポーネントの障害に耐える
• ハリケーン、竜巻、洪水、その他の自然災害などの大災害に耐える
• 定期的な更新やセキュリティー・パッチなどの変更を中断なしに導入する

 しかし、Always-Onのプラットフォームの計画、設計、実装、管理は非常に困難な作業であり、企業レベルのコミットメントが必要となります。

本資料では、Always-Onを実現するため方法をわかりやすく4つのステップにわけてを解説します。

<インデックス>
1:業界の傾向
2:企業のニーズと課題
3:ステップ 1: 査定と評価
4:ステップ 2: 計画と設計
5:ステップ 3: 実装とテスト
6:ステップ 4: 管理と維持
7:IBM をお勧めする理由

詳細は、資料をダウンロードしてご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]