ホワイトペーパー

【調査資料】サイバー攻撃への耐性は?セキュリティー専門家の66%が攻撃から復旧する力に不安

日本アイ・ビー・エム株式会社(Security) 2017年01月25日

IBMでは、強固なセキュリティー体制を築くためのサイバー・レジリエンスの重要性に関する2回目の調査の結果を発表致しました。

 世界中の2,000人を超えるITおよびITセキュリティーの専門家を対象とした本調査において、
自社のサイバー・レジリエンス(サイバー攻撃への耐性)が優れていると考えるIT専門家およびセキュリティー専門家は32%のみでした。また、回答者の66%が、サイバー攻撃から復旧する力に不安を持つと回答しました。

 この調査では、サイバー・レジリエンスを、サイバー攻撃を管理、緩和、および対処するために、一貫的に予防、検知、および対応するための能力と定義しています。

<本調査の結果のダイジェスト>
・サイバー・レジリエンスの状況
・サイバー・レジリエンスを達成する上での障壁
・サイバー・レジリエンスが直面する脅威
・サイバー・レジリエンスを達成するための要素

 続きは、ダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)