編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

侵害の57%は「悪意のあるファイルではない手段」で起こる - IBM X-Forceレポート日本語版

日本アイ・ビー・エム株式会社(Security) 2019-10-17

IBMのセキュリティ専門機関X-Forceが毎年公表している脅威動向レポート「IBM X-Force 脅威に対するインテリジェンスの指標」が2019年3月に公開された。本資料はその日本語版だ。今回の指標レポートでは「攻撃・インシデント対象として金融機関に次いで運輸サービスがよく狙われたこと」「侵害の57%でPowerShellやWMICユーテリィティなど悪意のあるファイルではないほかの手段を用いていたこと」「フィッシング攻撃の27%がWebメールを対象していたこと」「攻撃の3分の1近く(29%)がフィッシングメールによる詐欺に関するもので、そのうち45%がビジネスメール(BEC)詐欺だったこと」「IoTの脆弱性は過去5年間で5400%増加したこと」などが詳細に解説されている。サイバー攻撃は日々進化しており、こうしたレポートから兆候を読み取り、先を見越した対策を実施することが重要だ。対策のポイントや2019年の予測も掲載されている。ぜひ参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]