ホワイトペーパー

Microsoft MVP for SharePoint 山崎氏 講演資料--SPUC2012より

AvePoint Japan株式会社 2013年02月26日

Webブラウザによってユーザーがさまざまな情報を共有できるSharePoint。
SharePointが扱う「リスト」「ライブラリ」という考え方は、それぞれ構造化データ、非構造化データであるといえる。
これらのデータを再利用可能な「情報」にして蓄積していく「知識」こそが、組織が本当に共有すべきものだ。

本資料は、SharePoint User Conference 2012において、Microsoft MVP for SharePoint である山崎愛氏によって行われたセッションのスライドである。

SharePointを技術的なアーキテクチャーから捉え、

・情報を如何に分類するかという課題
・検索機能の利用
・メタデータ利用時の課題
・アクセス権限の基本的な考え方
・組織構造と SharePoint
・ソーシャルネットワークについての考察

など、一般的な活用から深く踏み込んだ内容となっている。
SharePointの構造的な特性を理解することで、より活用できることはもちろん、話題の「ビッグデータ」への理解を深めることができる資料だ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]