ホワイトペーパー

複雑化する情報漏えいリスクへの対処--セキュリティ管理にレイヤー化アプローチが効くワケ--

情報技術開発株式会社 2013年01月16日

昨今ではスマートデバイスの普及・業務利用拡大や、今なお増加し続ける情報漏えいリスク等により、セキュリティ管理がより高度化・複雑化を遂げ、ITセキュリティ管理者は疲弊しています。では、彼らが求める"あるべき姿"とはどういうものでしょうか?

現状名だたる大手企業でもセキュリティ事故が頻発しています。
ひとたび情報漏えい事故が発生すると、

・損害賠償等の経営に対する金銭的な打撃
・企業の信用喪失(顧客の喪失)
・事後対応に伴う多大な工数/費用の投資

等のケースで企業存続の危機を招く恐れがあります。

今後増え続けていく情報漏えいリスクに対応していくには、従来のリアクティブ(事後対策型)からプロアクティブ(事前予防型)への転換が必要であり、悪意を持つ第三者からの標的型攻撃対策はもちろん、近年増えている誤操作や持ち出し等による情報漏えいに対しても、システムで人に不正をさせない(人為的ミスから社員を守る)仕組みが必要となっています。

本資料では、プロアクティブな成熟したセキュリティ管理を実行するためのステップを示した上で、情報漏えいに対するセキュリティを確保しながらもITセキュリティ管理者の負担軽減&作業品質向上を実現する資産管理ツール「LANDesk」についてご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]