ホワイトペーパー

遠隔操作ウイルスが企業に及ぼす影響と対策 -インターネット通信の記録とその活用方法-

株式会社オーク情報システム 2013年03月27日

昨今のマルウェアは、通信元の秘匿やPC遠隔操作の痕跡消去等、その手口が複雑・巧妙化しています。

「PC遠隔操作ウイルス事件」では個人利用者のPCが狙われましたが、企業が同様の被害に合う可能性は存分にあり、そこで潔白を証明できなければ多大な損害も想定されます。

本資料は、PC遠隔操作ウイルス事件の手口や事件の裏に隠された「事後解析と証明の難しさ」を解明。そのうえで、いま企業に求められる対策として、「通信を記録し、素早く見える化する」という対策手法をレクチャーします。詳しくはダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)