ホワイトペーパー

最新Windows Serverの新機能をアシスト!OS機能を最大限に活用するハードウェア

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2014年01月31日

Windows Server 2012 R2 は、これまでのサーバOSと比べ仮想化、記憶域、ネットワーキング、仮想デスクトップ インフラストラクチャ、アクセスおよび情報の保護などの機能が強化されています。
本資料ではWindows Server 2012 R2 を賢く活用するためのプラットフォーム選びをテーマに、HP ProLiantサーバと最新のWindows Server 2012 R2とを組み合わせることで実現する、これまでにない効率性と生産性を紹介いたします。
そして、なぜHP ProLiant がWindows Server 2012 R2 と相性バツグンなのか?
SMB3.0 やHyper-V の新機能をアシストする ProLiant のハードウェア機能と効果、サーバー自身がハード障害を通報する新たな仕組みなど、その理由をわかりやすくまとめております。

Windows Server 2003/2003 R2の延長サポートが終了する今はITインフラを見直す良い機会です。
ぜひ資料をDLのうえ、最適化されたインフラ構築のありかたを体感ください。

※本資料はMicrosoft Conference 2013にて日本ヒューレット・パッカード株式会社 プリセールス統括本部  サーバー技術本部 インダストリスタンダードサーバー技術部 シニアソリューションアーキテクト 及川 信一郎より講演させていただきました、 『Windows Server 2012 R2 と相性バツグンの HP ProLiant ~その実力と導入効果をズバリ大公開~ 』の講演資料となります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)