ホワイトペーパー

ポイントはストレージの設計--Microsoft Exchangeサーバー基盤構築の勘所

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2014年07月31日

Microsoft Exchangeサーバー基盤はストレージの性能、容量、および管理性に大きくその性能を左右されます。そのため、Exchangeサーバープラットフォームを設計する際は、ストレージの設計が非常に重要になります。
この資料では、Microsoft Exchangeサーバー構築の勘所を、以下の3段階の企業の成長フェーズ毎にわかりやすく説明しています。

●初期フェーズ:初めてMicrosoft Exchangeサーバーを配備する小規模企業向け
●成長フェーズ:環境を拡張して、データ保護およびフォールトトレランス機能を強化する高可用性のためのデータベースサーバーを追加したい企業向け
●拡大フェーズ:アプリケーションの仮想化を導入する中堅企業向け

詳細はダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)