ホワイトペーパー

かんたん解説!Windows Server 2012R2への具体的な移行方法をステップ形式で紹介

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2014年12月01日

Windows Server 2003/2003R2の延長サポートが、残り1年を切り2015年7月15日に迫ってきた。
サーバOSの移行はクライアントOS以上に時間がかかる。WindowsXPのサポート終了時以上に早期に対応に取り掛かることが必要だ。
サポート終了のOSを使い続けると、セキュリティ更新プログラムが提供されず、ウイルス感染の危険が非常に高まる。
またWindows Server 2003/2003R2が動いている古いハードウェアも、多くがサポート切れを迎えるタイミングた。

本ガイドでは、Windows Server 2012R2への具体的な移行方法をステップ形式で紹介する。
ファイルサーバ、アプリケーションサーバ、Active Directory ドメインコントローラーの移行方法を各パターンごとに解説。
最新サーバへ移行するメリットとして、最新HP ProLiant Gen9によるファイル転送時間の短縮や消費電力の削減、
仮想化によるサーバ集約による保守費用のコスト削減なども説明している。
また、Windows Server 2012 R2移行技術支援、相談先となるWindows Server® 2003マイグレーションパートナーの紹介、現在お使いのWindows Server® 2003環境の確認ポイントを網羅、WindowsServer 2003/2003 R2を使い続けているユーザーは、今すぐ参考にしてほしいガイドブックになっている。

資料は本ページよりダウンロードの上、ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)