ホワイトペーパー

「自働サーバーにして良かった…」手間なしサーバーに乗り換え、セキュリティの不安も解消しよう

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2015年04月20日

Windows Server 2003を使い続ける最大のリスクは、いうまでもなくセキュリティパッチの供給停止に伴う、セキュリティ状況の急激な悪化にあります。ただでさえ運用の手間がかかる旧世代のサーバを、今後どのように管理すべきでしょうか?

この資料では最新版Windows Server環境を最大限に享受できる、手間なし「自働サーバー」を紹介します。例えば、

・ハードウェア自身が「不調を検知」して問題が発生するまえに自動で対処
・もしものときにデータセンターまで行かなくても「リモート操作」で問題解決!

と、大きなメリットがあります。資料で紹介するHP ProLiantサーバー Gen9であれば、5年前の製品と比べ処理能力は約6.8倍になる一方、消費電力は47%の削減が見込めます。
ぜひとも、資料で詳細をご確認ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]