ホワイトペーパー

IDCレポート:ハイパーコンバージドの利用によりバックアップ作業時間が44%削減!その理由を解説

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2017年12月18日

いま多くの企業が採用している一般的なバックアップ/リカバリ手法は、バックアップ環境とコンピュート環境が分離されたクライアント&サーバー時代で設計されたものだ。そして残念なことにこうした従来の手法は、現在主流となりつつある仮想マシンの動的なコンピューティングの性質に対応するには不充分であることが明らかになってきている。

そうした課題を解決するのが、ヒューレット・パッカードエンタープライズ(HPE)が提供するハイパーコンバージドインフラ「HPE SimpliVity 380」だ。調査会社であるIDCがSimpliVityユーザーを対象として調査分析した本資料には、HPE SimpliVity 380を活用することにより、IT組織がどのようにしてバックアップ/リカバリ環境を改善し、データ保護機能を改善および簡素化できるのかについて、調査結果を基にした考察が記されている。レポートを熟読し、半数を超える組織がバックアップ/リカバリ環境に費やす時間を44%も削減できたとする驚異的な結果にも注目いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]