ホワイトペーパー

ハイパーコンバージド4社製品徹底比較。コスト、性能、データ保護など、優秀な製品は?

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2017年12月18日

仮想化やクラウドの活用などにより複雑化が進む現在のIT環境において、ITインフラの抜本的な変革を実現し、運用管理やコスト面での大きなメリットをもたらすのがハイパーコンバージド・インフラ(HCI)だ。世界的なニーズの増大を受けて急成長を続けるHCI市場であるが、HCIとして市販されている製品の中には、正直に言って適正な水準に達していないものが存在するのも事実だ。

そこで、企業が正しいHCIソリューションを選択できるよう実施した、多岐にわたる視点からの調査結果が収められているのが本資料だ。レポートでは、Cisco、NetApp、Nutanix、HPEという主要な4ベンダーのHCIについて、それぞれの特徴や導入効果を分かりやすく解説する。「データ容量効率」「仮想マシン中心の管理」「バックアップなどのデータ保護」「耐障害性」の観点からも詳細に比較されているため、仮想環境における最適な製品を見極める上で有用な情報となる。


調査結果の詳細については、ぜひ資料をダウンロードのうえご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)