編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「文章を書くAI」

ホワイトペーパー

【モンテール事例】データ分析処理時間を最大30%短縮、システム刷新を成功させた秘訣

日本ヒューレット・パッカード株式会社(H/W) 2020-03-12

1954年の創業以来、スーパを中心に「おいしい、やさしい、たのしい」スイーツを提供しているモンテール。同社は2018年、「商品情報管理システム」のアプリケーションとITインフラを全面的に刷新。その後、さまざまなデータを分析して経営や業務に生かすBI(ビジネスインテリジェンス)サーバーと、ファイルサーバーを刷新した。

サーバー選定では、2018年12月にベンダーを選定して2019年初頭に発注。同年1月から複数回の移行作業を経て、3月末に構築が完了した。その結果、BIサーバーの高性能化により、分析にかかる時間を最大30%短縮。また、ファイルサーバーの刷新では、ファイル操作における待ち時間を解消する成果を上げている。

モンテールでは、二度にわたるシステム刷新において同一のサーバー製品を選定し、その導入効果に満足しているという。同社が全幅の信頼を寄せているサーバー製品とは? 以降で、システム刷新の過程を詳しく見ていこう。特に、中堅中小企業の参考となるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]