ホワイトペーパー

世界中の企業がどうOracle Exalogicを活用しているか?3つのカテゴリにわけ事例を紹介

日本オラクル(Java&Developers) 2013年12月25日

統合と最適化でビジネスを進化に導くOracle Exalogic!
本冊子では、以下の3つの大きなカテゴリに分けた世界各国でのExaLogic活用事例を紹介いたします。

(1)多様なリソース集約
PaaSとしてハードウェアからアプリケーション層までが統合され、最適化が完了しているOracle ExaLogicなら、システムの構築負荷が軽減されると同時にサービスの開発・展開を迅速に進めることができます。

(2)パフォーマンスの大幅な向上
Oracle ExaLogicは一般的なサーバと比較して、2~10倍のアプリケーション・レスポンス性能を実現する高性能プラットフォームです。InfiniBandによる高速なデータ転送が、ネットワークのボトルネックを排除します。

(3)先進ミドルウェアの導入
再考のJavaマシンとしてOracleのミドルウェアに最適化されたOracle ExaLogicは、製品導入後のチューンアップ作業の負荷を軽減します。ミドルウェアとデータベースを結合するソフトウェアにより、再考のパフォーマンスと高信頼性を確保しています。

詳細は資料をDLの上ご参照下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]