ホワイトペーパー

小さく始めてもビッグデータの価値を最大化できるシステム構築のポイント

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン 2013年09月09日

データ活用の重要性を多くの企業が認識している一方で、なぜビッグデータの活用は、検討段階から遅々として進まないのだろうか。
本資料は、

「システム構築に莫大な費用がかかるのではないか」
「今後長年にわたる活用を鑑みると、どの程度の設備の構築を行えばよいか判断しかねる」

といった懸念により、一歩を踏み出せていない、といった読者におすすめだ。小さく始めてもビッグデータの価値を最大化することが可能なシステム構築のポイントと、有力な選択肢の一つとして、ハイブリッドフラッシュ対応ストレージアプライアンス「SFA7700」を紹介する。
詳細は資料をご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]