ホワイトペーパー

要件から逆算して考える、ビッグデータ活用に最適なストレージとは?

株式会社データダイレクト・ネットワークス・ジャパン 2013年09月09日

事業計画や経営判断にビッグデータを活用を検討する企業が増加しているが、そこでカギを握る非常に重要なコンポーネントにストレージがある。プロジェクト成功のためには、限られた予算の中、大量データを遅延なく保存し、データ探索の時間を短縮できる高性能なストレージを選定しなくてはならない。

本資料で紹介するのは、小さく始めてもビッグデータの価値を最大化することが可能な、DDNのテクノロジーとストレージアプライアンス「SFA7700」だ。最大の特長は、ディスクドライブの経済性とフラッシュの性能を両立していること。それを可能にするのが、2つのハイブリッドコントローラーによって実現するSFAオペレーションだ。管理の簡素化、TCO削減にも大きな効果を発揮する。

詳しくはダウンロードでご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]